新着情報

2017.9.30

診療・リワークプログラムのお知らせ

■10月のリワークプログラム(10月2日開始)は、オフィスワーク、認知行動療法、ストレスマネージメントや心理教育(詳細はプログラムを参照)などを中心に行います。 

当院はうつ病リワーク研究会(復職支援)の正会員医療機関です。

都筑区地域・医療・美容の 情報サイト

リワークプログラム

職場復帰(リワーク)支援プログラムのご案内

職場復帰(リワーク)支援プログラムのご案内

うつ病不安障害休職中の方のための職場復帰(リワーク)支援プログラムのご案内・休職して苦しんでいた頃には考えられなかった職場復帰、そのためのリハビリテーションに取り組んでみたい。

そのような方の思いにお応えするのが職場復帰支援プログラムです。

Program1

職場復帰支援とは 心を悩む方の職場復帰(地域復帰)を支援するために、職場生活機能(社会生活機能)の回復を目的とする復職準備の支援を行ないます。

リワーク(RE-WORK)とは再び仕事に戻るという意味で、「復職支援プログラム」とは職業リハビリテーションの分野において必要とされている事業のことを言います。

Program2

職場復帰支援プログラムへの参加方法

1)主治医とご相談下さい。又、他院通院中の方は、紹介状が必要ですので、かかりつけの主治医にご相談ください。主治医を変更せずプログラムを利用できます。

2)当院の医師から参加可能の旨がでましたら、スケジュールとプログラム内容をご案内します。

3)プログラム内容が理解できましたら、職場復帰支援プログラムの予約の申し込みをしてください。

Program2

Program3

費用について 健康保険が適応され、1日の料金は3時間のプログラム利用で1,100円です。

自立支援医療(10%自己負担)をご利用の場合は、370円となります。詳しくは、窓口にお問い合わせください。

Program4

プログラム内容:医師、看護師、シニア産業カウンセラー、精神保険福祉士が職場復帰を目指す患者様とチームを組んで支援します。

1)職場復帰(社会参加)のための生活習慣と基礎体力の回復
2)オフィスワークを用いての意欲、集中力、作業能力の回復
3)対人交流(コミュニケーション)の改善
4)ストレス・マネージメントの取得
5)セルフ・ケア、再発予防の取得
6)グループ・ミーティング
7)自己分析

Program4

Program5

プログラムの利用期間は通常約3ヵ月程度になります。

Program6

プログラム参加における多角的評価による評価シートを作成し、主治医または産業医提出し、復職判定可否就労制限有無などの使用が可能です。

リワークを行なっている医療機関 http://www.utsu-rework.org/list/index.html

Program7

スタッフは医師、シニア産業カウンセラー、精神保険福祉士、保健師より構成されています。

Program8

リワーク参加に関し、での通院はお控え下さい。

  9:30~10:00 10:00~11:00 11:00~12:00 12:00~12:30
1週目 軽体操
生活記録集記入
オフィスワーク
職場復帰について
オフィスワーク
ストレス調査
ミーティング
2週目 軽体操
生活記録集記入
オフィスワーク
働く人のメンタルヘルス
オフィスワーク
ストレスマネージメント
ミーティング
3週目 軽体操
生活記録集記入
オフィスワーク
傾聴について

自己分析(1)
認知行動療法

ミーティング
4週目 軽体操
生活記録集記入
傾聴について
適切な自己表現
オフィスワーク
自己分析(2)
ミーティング

復職支援(リワーク)プログラムは週5日で月・火・水・金・土の9:30~12:30になります。
利用期間は、約3カ月ですがプログラム内容は随時変わります。
プログラムは、参加・体験形式です(講義ではありません)。

詳細は以下のショートケアスケジュール表をご覧下さい。

職場復帰支援プログラム スケジュール表

平成29年11月リワークプログラム(ショートケアスケジュール表)を追加更新いたしました。 詳細はこちら≫